63MWにおける太陽光プロジェクト

  • 2012年、日本政府は再生可能エネルギー技術を用いて得られた電力を一定価格で買い取ることを電力会社に義務づける、再生可能エネルギー固定価格買取制度を導入しました。
  • 当案件は、関東エリアにおける最大級の太陽光発電所の一つとなります。
  • 当発電所は、2019年に稼働を開始する予定です。

利点・特徴

  • このプロジェクトは、APLにとって太陽光発電市場における初の投資であり、再生可能エネルギー分野へのグローバル展開を図る、重要な基点となっています。
  • 当発電所は、東京から新幹線でわずか1時間の距離にある群馬県に位置しています。

竣工予定

2019年

所在地

群馬県安中市

案件タイプ

太陽光発電所

発電能力

63.2 MW